専業主婦がキャッシングする時の注意点とは

近年では景気の悪さが影響して夫の給料が下がってしまったと悩む専業主婦の方が多くなってきています。これには残業時間の短縮やボーナスのカットなど様々な理由がありますが、基本的に節約を迫られる生活を強いられています。

しかしいくら上手くやり繰りしていても急な出費などには対応できないことが多いので、専業主婦の中にはキャッシングを考える方が大勢いらっしゃいます。ただ基本的に専業主婦が借り入れをする事は難しくなりますので、この様な場合は夫婦間でよく話し合い配偶者貸し付けを利用する事が良いとされています。

この配偶者貸し付けとは収入が無い専業主婦に貸し付ける代わりに配偶者に貸し付けると言う形になっていて、原則として配偶者の同意書があればキャッシングが可能になります。

また返済も配偶者が行っても良いですし、内職や在宅ワークで稼いだお金で妻が返済する事もできます。ただし万が一返済が滞ったりした場合には配偶者の勤務先などにも連絡がいく可能性がありますので、この配偶者貸し付けを利用する場合には夫婦間での話し合いが必要不可欠になっています。

なお場合によっては申し込みの際に夫の収入証明書が必要になる事もありますので、事前に確認しておいた方が申し込みがスムーズになるとされています。