増額申込みについて

ローンカードやクレジットカードのキャッシング枠の増枠申請をする際に、気を付けなければならないことがいくつかあります。

①カード発行から半年以上が経過しているか。

通常は発行から間もない人は返済能力に対しての信頼が低いため、最低でも半年は経過していないといけません。

②過去に支払の遅滞はないか。

この場合も返済能力に疑問を持たれるために申請が通りにくくなります。

③審査の結果、減枠や利用停止の可能性があることを了承できるか。

増枠申請をするということは、新たに借り入れの申請をする人と同様に、その人の返済能力を再審査することになります。

そこで過去に決定された利用可能枠に比べて現在の返済能力が劣っていると判断されれば、逆に減枠されることやさらには利用停止という決定が下されることもありえるのです。

増枠希望の際にはこの3点を理解した上で申請することが大切です。

キャッシングの利息が膨らむ前に

キャッシングの利息額を侮ってはいけません。
通常、皆さんが利用しているキャッシングの金利は10%以上に設定されているかと思います。

キャッシング利用額が少ない時には利息額も気にならないかもしれませんが、

油断して利用額が増えていくと、利息の返済額だけでも大きな額となってしまいます。

キャッシングを利用していると、自分の貯金が増えたような感覚になる人が多いそうです。

簡単にATMでキャッシングが出来て便利な反面、ついつい無駄遣いが増えてしまわないようにしましょう。

お金を借りるのは、本当に必要になった時に必要な額だけを借りるようにしましょう。

いらないものまで買って、後で困らないようにキャッシングを有効に利用しましょう。

すぐにお金が必要でも即日融資なら間に合います

お金が必要になって切羽詰っていたんですが、カードローンを利用して何とかなりました。

今月中には何とかまとまったお金をと思っていたのですが、カードローンを利用する事でその日のうちにお金を用意することが出来ました。

即日融資って本当に有り難いですね。

申し込んだその日のうちにお金が手元に来ますから、明日までにお金が必要だったとしても間に合います。

まぁ、そこまで切羽詰った人はなかなかいないと思いますが、これは本当に良いサービスだと思います。

私は大金を借りたわけではないので、大金を借りる場合はどうなのかわかりません。

もしかしたら大金の場合はもう少し時間がかかるのかもしれません。

ですが、少なくとも私と同じくらいの金額(二十万円くらい)なら即日融資してくれるようです。

もちろん以前どこかでお金を借りていて返済を遅延したことがない、申し込みに不備がないなどの条件はあると思います。

私はまったくそういったことがなかったので即日に融資してもらえたのかもしれません。

ですが、比較的即日融資のハードルは低いんじゃないかと思います。

もしお金に困っていて今日明日にもお金が必要だという人は、ダメもとで一度申し込みしてみた方が良いです。

もしかしたら何とかなるかもしれませんので。

その際は、出来るだけ早い時間に申し込むことをお勧めします。

学生のキャッシングにおける収入の審査

学生がキャッシングの審査に通るときに必要なコトというのは、社会人が利用する場合と大差ありません。基本的には同じような点が見られていますが、学生という事情を考慮して、審査されることもあります。学生の場合は、安定した収入というのもそんなに期待できません。

働いていてもあるバイトでしょうから、アルバイトが安定しているか?というと、必ずしもそうは言えませんが、学生の場合はアルバイトをしていれば十分です。アルバイトが正社員に比べて不安定とかは、あまり関係ないですね。学生の場合はその分借り入れ金額などは少なめになってしまうかもしれませんが、アルバイトをしていて、定期的にちゃんと収入が入ってきているのならば、それで安定していると見られる場合が多いです。

ただし、どれだけ長く1つのアルバイトを続けているか?は重要で、アルバイトが安定しているか?を見る場合には、そこが1番重要になると思います。どれくらい長く勤めていれば良いのか?は各キャッシング会社の判断にもよりますが、1年以上勤めていれば割と長いと評価してもらえそうですね。

多くのバイトを転々としている人よりは、1つのバイトを長くやっている方が、バイトを辞めて収入がいきなり途絶えてしまう可能性が少ないわけですから、最低1年やっていれば、安定した収入と見なしてもらえて、審査に通る可能性も高くなると思います。

返済は、少しでも早く、少しでも多く

事業を起こすとかそういうことでない限り、一般の人にとってお金を借りるということはあまり良いことではありません。ですからキャッシングをした後の返済というのは一日でも早い完済を考えたほうがよいと思います。

だいたいキャッシングの金利は14%ぐらいだと思いますが、この金利分が毎月の返済額から引かれていきます。借りた金額にもよりますが、簡単に言えば1万円返したとしても、実際は9千円程度しか返していないことになったりします。つまり単純に千円損しています。

こんなことが繰り返されるのであれば早くこのスパイラルから抜け出したほうがいい、誰もが理解できると思います。ですからお金を借りたら、少しでも早く、少しでも多く返済にあてるよう行動する必要があるでしょう。返済が残っているうちは「お金が貯まる」ということはないのですから。

楽器が欲しいけどお金が・・・

学生時代のことです。

いろんなことに興味はあるのですが、時間はたくさんあるのですが。
どうしても先立つものがついていきません。

お金がもっとあったら! どれだけたくさんの夢がついえたでしょうか。
また、みなさんもそうでは無いかと思います。

私の場合は、キャッシングを利用することでそれをひとつ解決することができました。

友人に触発されて、ディープパープルに触発されて。

どうしてもギターをやりたくなったんです。
決してプロになれるなんて思ってません。

でも、自分も一生懸命頑張れば、カッコイイプレイができるんじゃないか。
そう思ったら、やりたくてやりたくて仕方なくなったんです。

うちの親はお金をかしてくれるような親ではありませんでした。

大学生なんだったら、もう大人だから自分でなんとかしろ。
そういう親でした。

アルバイトをしていましたが、生活費や何かと雑費で余裕もなく、貯金もありません。

そこでインターネットを調べて出会ったのがキャッシングです。

レイクでした。学生でもお金が借りられる、という魅力的な文字が画面に踊ってました。
私はすぐに問い合わせをして、提案いただいた無理の無い返済プランで契約することにしました。

そして、今ほんとうにそうして良かったと思っています。

ギターは大学を卒業しても、下手は下手なりにちゃんとした趣味になり、時にストレス解消、時に特技として披露できるくらいになりました。

キャッシングローンにマイナスのイメージを持たれる方もいるかも知れませんが、うまく利用すればぐっと人生を豊かにできるものだと思っています。

主婦が旅行先でお金がなくなったときに便利なキャッシング

毎日家事や子育て、パートの仕事などで忙しい主婦の方も、たまには思う存分羽を伸ばしたいと思うでしょうから、仲の良い友人たちと一緒に、旅行に出かける計画を立てるようなこともあるでしょうね。

実際に旅行に出かけると、観光地を見てまわったり、お土産をたくさん買っているうちに、当初の予算を大幅に上回るお金が必要になることもあるので、これでは足りないなと思ったら、旅行先からキャッシングをすることをおすすめします。

普段キャッシングに利用しているローン会社が、旅行先には見当たらない場合がありますが、携帯電話やスマートフォンさえあれば、いつでも申し込みが出来るので、たとえお店がなくても慌てる必要はありません。

キャッシングに必要なものは、運転免許証や健康保険証などの身分証明書だけで、担保や保証人はいりませんから、そばにいる友人に頭を下げて、保証人になってもらわなくて済みます。

友人に保証人になってもらったり、お金を貸してくれるように頼みこむと、旅行の雰囲気が悪くなり、人間関係も終わってしまう恐れがありますが、キャッシングでお金を手に入れれば、そんなことを心配しなくてもよくなります。

電話でキャッシングを申し込んだ後は審査が行われますから、その結果が出るまでは待つ必要がありますが、スピード審査で有名なローン会社を利用していれば、わずか30分ほどで結果が出るので安心です。

ローン会社の中には審査が遅いところもあるので、選ぶときは出来るだけスピーディーで、信頼出来るところを選ぶことが大切です。

主婦であっても、パートや派遣社員などの仕事をしていれば、安定した収入があると思われるので、ほとんどの方が合格することが出来ます。

合格すると、指定した口座に即座にお金が振り込まれますから、申し込みからお金が手に入るまで、一度も来店しなくてもかまいません。

口コミの評判の良いローン会社は仕事が速くて、金利も低いので、そんな会社を利用したいときは、インターネットで探してから申し込むようにしてください。

上手なキャッシングの返済方法

キャッシングを利用している人それぞれに、返済方法で個性が出ます。一気に返済をしてしまう人や、なかなか残高が減らない人など、人によってお金を手元にどれだけ置いておくかによって、返済の速さが変わってきます。

なるべくなら、早めに借金の残高をゼロにして新しい生活のスタートを切りたいところですが、やはり数十万円くらいの残高が残っていると、さすがに一気に完済するというのは難しいものです。

無理をせず確実にキャッシングの返済をするためには、返済の仕方を考え直す必要があります。なかなか残高が減らない方の多くは「お金を持っていないと不安になる」という考えの人がいらっしゃいます。

つまり、生活費がなくなってしまうとまたキャッシングをしないといけないので二度手間だという考えが先立ってしまって、財布の中に数万円を残しておきたくなるわけです。

しかし、これではいつまでも返済の目途が立ちませんから、思い切って財布にあるお金を返済に全て回してしまうようにしましょう。

給料日が来た時点で、一ヶ月をリセットするという考え方です。

給料の額で家賃や光熱費、通信費などの必要なお金を差し引いて財布に入れます。その額で生活をしながら、給料日を迎えて、財布に残っている額をキャッシングの返済に回すわけです。

そうすれば、次の月の給料で再度リセットしてお金を振り分けることができますし、残っているお金でキャッシングの残高が減りますから、生活費を切らすことなくお金が確実に返済できるというわけです。

収入だけが審査基準ではない

キャッシングの審査には、色々な基準があります。一般的には、現在の所得の状況などが見られる事が多いですね。あまり所得が少ないとなると、融資が難しくなる事もしばしばあります。

また年間収入が多いとなると、借りる事ができる金額にも影響があります。総量規制というルールがありますので、あまり年間所得が少ないと借りる事ができる金額が制限される事もあるのです。そのルールでは、年間所得の30%以内になるからです。

ですので年間収入が多い方がその融資商品を利用しやすい訳ですが、最終的な融資可否は年間収入だけに左右される訳ではありません。もっと別の基準が優先されるケースもあります。

例えば以前に次のような事例がありました。ある方の年間収入ですが、1,000万円を超えていました。一般的には、その数字はかなり高い方ですね。サラリーマンの平均的な収入が500万円と言われていますので、それよりかなり高い数字なのは確実です。

その1,000万円の方がある時に融資商品の申し込みましたが、審査で落とされている事例がありました。かなりの年収があるにもかかわらず、結局落とされていたのですね。

その方が落とされた理由は、色々考えられます。もしかすると収入があまり安定していなかったのかもしれません。もしくは居住年数がやや短すぎたのかもしれません。

つまりキャッシングの審査では、年間収入だけが見られる訳ではないのです。あくまでも複数の基準の組み合わせで、最終的な融資可否が判断される訳です。

キャッシングの審査の際に注意すること

キャッシングを利用する多くの人が不安を感じることは何でしょうか。

それは果たして自分がきちんとキャッシングの審査に通るかどうかということです。では、実際にキャッシングの審査を受ける際に注意すべきことはどんな点でしょうか。今日は、キャッシングの審査の際に注意するべきことについて記したいと思います。

キャッシングの審査を通りやすくする方法の一つは、安定した収入を得ているかという点です。

そもそもキャッシング会社が審査をする目的は何でしょうか。簡単に言うと、お金を貸した本人にきちんと返済能力があるかどうかを調べるためです。

なぜこうした調査を行うのでしょうか。それはもしお金を返せないとなるとそのまま損害を被ることになるからです。逆に、貸したお金をきちんと返せるということが分かればキャッシング会社はお金を喜んで融資します。

しかし、返済能力がないと判断されれば、借入希望額が減らされるか、さらには融資をまったくしないということになります。
では、返済能力を測る大きな要素は何でしょうか。

それは、何といっても収入です。しかし、ここで注目したいのは収入の額だけでなく、安定した収入です。つまり、毎月きちんとある一定額の収入を得ているかどうかは返済能力に大きく関わってきます。

それで、正社員であれば一番審査に通りやすいのですが、安定した収入を得ているのあれば、アルバイトでもパートでも審査が通る可能性が非常に高いです。