返済日と手数料のメリット

おまとめローンのメリットの1つは、返済日などが整理される事です。

そもそも複数の会社から借りると、返済日がややこしくなる事があります。A社は13日で、B社が25日で、C社は20日などの具合です。
あまり件数が多くなれば、どの会社に何円返せば良いか分からなくなってしまう可能性があります。それは避けたいですね。

それよりも、むしろ1つの会社にまとめておく方が望ましい訳です。
1つの会社にしておけば、上記のような複数の返済日が生じる事は、まずあり得ません。
どう考えても返済が便利になる訳ですから、まとめるメリットは非常に大きいですね。

それと、まとめる商品は手数料も比較的低めです。
コストダウンが見込めるケースも多いので、検討してみると良いでしょう。

キャッシングの利息が膨らむ前に

キャッシングの利息額を侮ってはいけません。
通常、皆さんが利用しているキャッシングの金利は10%以上に設定されているかと思います。

キャッシング利用額が少ない時には利息額も気にならないかもしれませんが、

油断して利用額が増えていくと、利息の返済額だけでも大きな額となってしまいます。

キャッシングを利用していると、自分の貯金が増えたような感覚になる人が多いそうです。

簡単にATMでキャッシングが出来て便利な反面、ついつい無駄遣いが増えてしまわないようにしましょう。

お金を借りるのは、本当に必要になった時に必要な額だけを借りるようにしましょう。

いらないものまで買って、後で困らないようにキャッシングを有効に利用しましょう。

返済は、少しでも早く、少しでも多く

事業を起こすとかそういうことでない限り、一般の人にとってお金を借りるということはあまり良いことではありません。ですからキャッシングをした後の返済というのは一日でも早い完済を考えたほうがよいと思います。

だいたいキャッシングの金利は14%ぐらいだと思いますが、この金利分が毎月の返済額から引かれていきます。借りた金額にもよりますが、簡単に言えば1万円返したとしても、実際は9千円程度しか返していないことになったりします。つまり単純に千円損しています。

こんなことが繰り返されるのであれば早くこのスパイラルから抜け出したほうがいい、誰もが理解できると思います。ですからお金を借りたら、少しでも早く、少しでも多く返済にあてるよう行動する必要があるでしょう。返済が残っているうちは「お金が貯まる」ということはないのですから。

上手なキャッシングの返済方法

キャッシングを利用している人それぞれに、返済方法で個性が出ます。一気に返済をしてしまう人や、なかなか残高が減らない人など、人によってお金を手元にどれだけ置いておくかによって、返済の速さが変わってきます。

なるべくなら、早めに借金の残高をゼロにして新しい生活のスタートを切りたいところですが、やはり数十万円くらいの残高が残っていると、さすがに一気に完済するというのは難しいものです。

無理をせず確実にキャッシングの返済をするためには、返済の仕方を考え直す必要があります。なかなか残高が減らない方の多くは「お金を持っていないと不安になる」という考えの人がいらっしゃいます。

つまり、生活費がなくなってしまうとまたキャッシングをしないといけないので二度手間だという考えが先立ってしまって、財布の中に数万円を残しておきたくなるわけです。

しかし、これではいつまでも返済の目途が立ちませんから、思い切って財布にあるお金を返済に全て回してしまうようにしましょう。

給料日が来た時点で、一ヶ月をリセットするという考え方です。

給料の額で家賃や光熱費、通信費などの必要なお金を差し引いて財布に入れます。その額で生活をしながら、給料日を迎えて、財布に残っている額をキャッシングの返済に回すわけです。

そうすれば、次の月の給料で再度リセットしてお金を振り分けることができますし、残っているお金でキャッシングの残高が減りますから、生活費を切らすことなくお金が確実に返済できるというわけです。