上手なキャッシングの返済方法

キャッシングを利用している人それぞれに、返済方法で個性が出ます。一気に返済をしてしまう人や、なかなか残高が減らない人など、人によってお金を手元にどれだけ置いておくかによって、返済の速さが変わってきます。

なるべくなら、早めに借金の残高をゼロにして新しい生活のスタートを切りたいところですが、やはり数十万円くらいの残高が残っていると、さすがに一気に完済するというのは難しいものです。

無理をせず確実にキャッシングの返済をするためには、返済の仕方を考え直す必要があります。なかなか残高が減らない方の多くは「お金を持っていないと不安になる」という考えの人がいらっしゃいます。

つまり、生活費がなくなってしまうとまたキャッシングをしないといけないので二度手間だという考えが先立ってしまって、財布の中に数万円を残しておきたくなるわけです。

しかし、これではいつまでも返済の目途が立ちませんから、思い切って財布にあるお金を返済に全て回してしまうようにしましょう。

給料日が来た時点で、一ヶ月をリセットするという考え方です。

給料の額で家賃や光熱費、通信費などの必要なお金を差し引いて財布に入れます。その額で生活をしながら、給料日を迎えて、財布に残っている額をキャッシングの返済に回すわけです。

そうすれば、次の月の給料で再度リセットしてお金を振り分けることができますし、残っているお金でキャッシングの残高が減りますから、生活費を切らすことなくお金が確実に返済できるというわけです。

収入だけが審査基準ではない

キャッシングの審査には、色々な基準があります。一般的には、現在の所得の状況などが見られる事が多いですね。あまり所得が少ないとなると、融資が難しくなる事もしばしばあります。

また年間収入が多いとなると、借りる事ができる金額にも影響があります。総量規制というルールがありますので、あまり年間所得が少ないと借りる事ができる金額が制限される事もあるのです。そのルールでは、年間所得の30%以内になるからです。

ですので年間収入が多い方がその融資商品を利用しやすい訳ですが、最終的な融資可否は年間収入だけに左右される訳ではありません。もっと別の基準が優先されるケースもあります。

例えば以前に次のような事例がありました。ある方の年間収入ですが、1,000万円を超えていました。一般的には、その数字はかなり高い方ですね。サラリーマンの平均的な収入が500万円と言われていますので、それよりかなり高い数字なのは確実です。

その1,000万円の方がある時に融資商品の申し込みましたが、審査で落とされている事例がありました。かなりの年収があるにもかかわらず、結局落とされていたのですね。

その方が落とされた理由は、色々考えられます。もしかすると収入があまり安定していなかったのかもしれません。もしくは居住年数がやや短すぎたのかもしれません。

つまりキャッシングの審査では、年間収入だけが見られる訳ではないのです。あくまでも複数の基準の組み合わせで、最終的な融資可否が判断される訳です。

キャッシングの審査の際に注意すること

キャッシングを利用する多くの人が不安を感じることは何でしょうか。

それは果たして自分がきちんとキャッシングの審査に通るかどうかということです。では、実際にキャッシングの審査を受ける際に注意すべきことはどんな点でしょうか。今日は、キャッシングの審査の際に注意するべきことについて記したいと思います。

キャッシングの審査を通りやすくする方法の一つは、安定した収入を得ているかという点です。

そもそもキャッシング会社が審査をする目的は何でしょうか。簡単に言うと、お金を貸した本人にきちんと返済能力があるかどうかを調べるためです。

なぜこうした調査を行うのでしょうか。それはもしお金を返せないとなるとそのまま損害を被ることになるからです。逆に、貸したお金をきちんと返せるということが分かればキャッシング会社はお金を喜んで融資します。

しかし、返済能力がないと判断されれば、借入希望額が減らされるか、さらには融資をまったくしないということになります。
では、返済能力を測る大きな要素は何でしょうか。

それは、何といっても収入です。しかし、ここで注目したいのは収入の額だけでなく、安定した収入です。つまり、毎月きちんとある一定額の収入を得ているかどうかは返済能力に大きく関わってきます。

それで、正社員であれば一番審査に通りやすいのですが、安定した収入を得ているのあれば、アルバイトでもパートでも審査が通る可能性が非常に高いです。